HOME > 産後骨盤矯正

産後骨盤矯正なら岸和田のひなた整骨院

head_img_slim

産後の骨盤の歪みについて

妊娠すると妊娠3ヶ月~産後2,3日にリラキシンというホルモンが分泌されます。
このホルモンは身体の関節を緩め出産の為に骨盤の開きやすくする働きをします。
開いた骨盤は、順調に行けば産後3~4ヶ月程度で徐々に開いたまま硬くなっていきます。妊娠中に筋力の低下や、妊娠前から骨盤がすでに歪んでしまっていると、正常な位置に戻りにくくなってしまいます。

また、日常的に横座りや足を組んだりなど身体が歪む姿勢をとっていると、骨盤はみるみる歪んでいきます。 骨盤が歪んだままの状態だと筋肉のバランスが悪くなり、血行やリンパの流れが悪化し、冷え性や新陳代謝の低下を招きます。
さらに、内臓が元の位置に戻れずに下がってくることから、支える為に皮下脂肪が増えてしまいます。

出産後に産褥体操やヨガ・ウォーキングなど様々なエクササイズを取り入れたりして出産前の体型に戻そうと頑張っても、肝心の骨盤が開いたままの状態では体重は戻ったとしても体型までは戻らない上、実際にそういった教室も岸和田にはあまりありません。
産後にあまり体重が増えなかったとしても、将来的には太りやすい骨格になってしまいます。特に2人目3人目とお子さんを生んでいくと骨盤は開きはどんどん大きくなり、酷い方は臓器脱になる人もいます。

産後に肩こり、腰痛、膝の痛みなど慢性化してしまう方もいますし、加齢と共に骨盤底筋が衰え骨盤底が緩んでしまい、尿漏れなどのリスクが高まってしまいます。
ですので、岸和田のひなた整骨院では産後になるべく早く骨盤の開きを閉める必要性をお伝えしています。


骨盤矯正と産後骨盤矯正の違いについて

産後骨盤矯正とは、妊娠・出産で開いた骨盤を閉じる骨盤矯正のことで、
骨盤の歪みを矯正する一般的な骨盤矯正とは目的・効果も違います。
• 産後の時期に単に歪みを正す骨盤矯正を実施する矯正
• 産後特有の骨盤の開きを閉じる産後専門の矯正
岸和田には同じイメージを持たれている方が多いですが、大きく違います。

骨盤矯正とは

骨盤は、正座を崩して座る、座る際に足を組む、急性腰痛や慢性腰痛さらには、内臓疾患や婦人科系疾患などスポーツ等で受傷した怪我の後遺症等色々な原因で歪んできます。
骨盤の上下左右のズレや仙骨のズレなど元の位置からズレた骨盤を矯正する施術のことです。

産後の骨盤矯正とは

妊娠や出産に伴って発生する骨盤の開きを閉める矯正です。
あまり岸和田市内の整骨院では行っている所は少ないです。
上記でも説明していますが、妊娠後に放出されるリラキシンという女性ホルモンの影響で、妊娠5~6ヵ月頃くらいになると子宮が大きくせり出し骨盤の内圧が高くなり、骨盤上部が徐々に開き始めます。

陣痛が始まると、大量のリラキシンが放出され骨盤以外の全身の靭帯が緩くなり赤ちゃんが産道を通りやすくします。この時に骨盤下部が大きく広がり骨盤が四角い形になります。その結果骨盤が大きくなり余分な肉がつきやすく体型が変わります。帝王切開なら骨盤上部が主に広がり、通常分娩なら骨盤の上下部両方広がります。

2パターンある産後の骨盤矯正

骨盤の歪みを矯正し姿勢を正す

出産や産後の子育てや影響で歪んでしまう骨盤は、リラキシンの影響で一時的に矯正しやすくなっていますが、 骨盤の歪みの原因は主に生活習慣です。矯正後も生活習慣の見直しは必要なので、骨盤の位置が安定するまで定期的に矯正を受けて頂く事を岸和田のひなた整骨院では、お勧めしています。

骨盤の開きを矯正し体型を戻す

出産の際に開いた骨盤を閉じ、元の正しい位置に戻す矯正を行います。 一度矯正で骨盤を閉じると、次の妊娠出産まで骨盤は開くこと殆どありません。

平日の午前中なら赤ちゃん連れOK!当院の産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正とは、出産によって開いた骨盤を閉める骨盤矯正です。
岸和田のひなた整骨院では、産後の骨盤の開きから子育てによるボディートラブルまでサポートします。産後専門の骨盤矯正と産後ケアを行っています。 口コミやご紹介による来院が多く、整骨院への来院・骨盤矯正を受けるのが初めての方も安心。

産後の骨盤矯正は産後の方に特にお勧めです。

岸和田市内で骨盤矯正や骨盤のケアをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

※平日の午前中は子供や赤ちゃんを連れてご来院できますので、
お子様を預けられない方もご安心ください♪

産後骨盤矯正する時期はいつがいいか?

産後の骨盤矯正を受けるのは、出産日から大体1ヶ月後からがベストです。
時期は目安ですが、子宮の収縮をしっかり待ってから骨盤を閉じていけば問題ありません。さらに早期から矯正して骨盤の開きを閉じることも可能ですが、子宮が収縮していない状態での矯正は最適ではありません。
産後1ヶ月から骨盤矯正を始めるのが最も効果的ですが、岸和田には実際は育児等に追われ、その時期から来院できる人は少ないです。

骨盤を閉じる矯正だけであれば、焦る必要はありません。開いた骨盤は必ず戻せます。
出産後1~24ヵ月まで(最適期は産後1~6ヵ月)は十分間に合います。
ただし、産後に骨盤がグラついてる、妊娠中や産後に尿漏れがあった、子宮下垂などの内臓下垂・脱産後の痔、産後の腰痛、妊娠や出産時の恥骨痛、尾骨痛などの症状がある方は、早期の産後骨盤矯正をお勧めします。

岸和田市内の出産後に骨盤の歪みが酷くなったママも、骨盤の開きを閉じウエストのサイズダウンをお望みのママも、産後から年月経ってからでも諦めず産後骨盤矯正をぜひ試してみてください。
(産後6ヶ月以内しか矯正出来ないという話は嘘なので気にしなくて大丈夫です)

産後骨盤矯正の施術効果とは?

1. 小尻になる(骨盤の開きを矯正)
2. お尻の形が綺麗になる(骨盤の歪みを矯正)
3. ウエストダウン(骨盤の開きを矯正)
4. 代謝がよくなり冷え性改善することもある
5. 腰の痛みの改善や予防
6. 恥骨痛、股関節痛、尾骨痛、骨盤痛の改善
7. 子宮など内臓臓器脱や内臓下垂の改善や予防
8. 尿漏れや失便等の改善や予防
9. 産後の痔、便通の改善や予防
10. 二人目不妊の予防(不育症や着床不全)
11.産後の体型を戻す。

産後に体重が戻っても産前のパンツやスカートがキツくて履けなかったりするのは骨盤が開いている典型的な例です。そのような場合は体重を戻すだけでなく、骨盤の開きを閉じ産前の体型を戻す必要があります。

疑問1:体重は戻ったのに今で履いていたジーンズが履けない。

出産により骨盤が大きく開き産後に体重が戻ってもジーンズが履けなかったり、チャックが閉まらない、ボタンが止まらない等ダイエットだけでは改善が難しいのが産後の骨盤の開きです。
産後骨盤矯正後は、骨盤も閉まり体重さえ元に戻せば再び産前のジーンズがはけるようになります。

疑問2 妊娠中からの尿漏れが産後もまだ続いている。

産後の尿漏れを治すには、一般的には体操が有効だという事を岸和田の婦人科や泌尿器科医などで勧められ知っている方も多いと思います。
その他、投薬や尿漏れ手術などの方法もあります。
しかし、これは一般論であり実際に改善することはあまりありません。尿漏れパッド等は、売上が年20%伸びており業界でも儲かる商品となっています。
つまり、医療業界からは尿漏れはサジを投げられているのです。

そのやっかいな産後の尿漏れの症状を上手くに改善する方法がまさに産後骨盤矯正なんです。尿漏れに対する治療としてはまだ馴染みの無い方法なので、一般的に知られていませんが岸和田のひなた整骨院に来られている方で尿漏れに悩んでいる方の多くの方々は完治・改善が早期に見受けられています。安易に手術を受ける前に、是非一度、岸和田のひなた整骨院による産後骨盤矯正を検討してみてください。

疑問3 産後の骨盤の開きが自然に閉じる!?

岸和田市には勘違いされている方が多いですが、開いた骨盤は徐々に元の状態には戻りません。
正しくは、ホルモンと出産の影響で骨盤が開き、そのまま徐々に硬くなってしまうのです。

もし、産前と産後に骨盤に変化が無ければ、単純に出産時に骨盤があまり開かなかっただけです。開いた骨盤は自然に戻りません。
産後に大きく開いた骨盤が自然に閉じるわけがありません。

疑問4 産後骨盤矯正と産後骨盤ベルトとの矯正の違いは何ですか?

産後骨盤矯正と産後骨盤ベルトの矯正とは全く違います。
産後骨盤矯正は、骨盤の開きを閉じつつ関節をロックしないことです。骨盤にある仙腸関節をロックしてしまうと、骨盤から派生する痛みを一時的に緩和出来ますが、長期的には慢性的な腰痛や仙骨痛が出てしまったり、骨盤が歪んだまま固定されてしまうこともあります。

自分で骨盤の歪みを確認するのはかなり難しいです。産後骨盤矯正はベルトと違い、終わりの区切りがあります。骨盤ベルトは効果が実感しにくく、いつまで使用すればいいのか分からない上、
さらに暑い時期に蒸れたりトイレに行く度に外したり、動くとズレたりします。
かと言って、骨盤ベルトの使用をしないのも不安です。 使っても使わなくても骨盤ベルトの扱いは難しく大変です。

矯正期間が短く確実な産後骨盤矯正に対し、骨盤ベルトは長期間使用しないと効果は出にくいです。腰痛や恥骨痛など特にひどくなければ、産後骨盤矯正を受ける人は骨盤ベルトを止めてもかまいません。
産後骨盤矯正では緩んだ骨盤底筋群を引き締め、尿漏れや子宮下垂や脱の予防や改善も出来ます。骨盤ベルトで引き締めは期待できません。

産後骨盤矯正のおすすめ

産後の体型を以前の状態に戻すのは骨盤が最も重要です。
産後に体重が戻っても体型は戻りません。

腰痛に悩まされない為に岸和田のひなた整骨院で産後骨盤矯正

産後に発生した骨盤の歪みを放っておいたり、グラついた骨盤で育児をして腰を痛めたりすると腰痛に悩まされがちです。

老後のリスク回避の為に岸和田のひなた整骨院で産後骨盤矯正

老後に子宮脱など内臓臓器脱になった人の中には、出産による骨盤の開きが影響していると思われている方が大半です。一概出産の影響と決めつける事は出来ませんが、可能性は十分に考えられます。
産後に弱った骨盤周りの筋肉を放っておくと、将来尿漏れを起こすリスクが上がります。現在尿漏れがなかったとしても、妊娠中や産後に少しでも尿漏れの経験がある人は注意が必要です。

二人目不妊の予防の為に岸和田のひなた整骨院で産後骨盤矯正

二人目の不妊予防に効果的です。第二子がなかなかできない人が最近すごく多い気がします。年齢を重ねて妊娠する確率が下がっていくのが一番の原因ですが、ダメージを負った骨盤や体は少しでも回復させた方が良いです。

産後に骨盤体操や骨盤ダイエットなど色々な方法で体型を元に戻そうと工夫しても、肝心の骨盤が開いたままの状態では体重は戻っても体型までは戻りません。
産後に太らなかったとしても将来的に太りやすい骨格になってしまいます。
2人目3人目と出産すると骨盤は開きは大きくなり、酷い場合は子宮脱などの臓器脱になる人もいます。
老後は骨盤底が緩くなりやすく、尿漏れなどのリスクが高まります。

岸和田にある他店の産後骨盤矯正との違い

岸和田のひなた整骨院の産後骨盤矯正は、当院独自の理論と手技です。
こちらが一度説明をすると、産後骨盤矯正を試される方が多いです。
幸い、私たちは期待に応え続けていることができています。
他店で骨盤矯正を受けた人ほど喜ばれています。

岸和田のひなた整骨院の雑誌掲載実績


さらに5月発売の関西ウォーカーにも岸和田のひなた整骨院が掲載されます!

産後骨盤矯正 Q&A

Q 産後骨盤矯正はいつから可能ですか?
A 産後一か月を過ぎればいつでも可能です。

Q 産後骨盤矯正は何回ぐらい通えば良いですか?
A 5回〜10回位でOKです。ペースは1〜2週間に一度です。

Q 出産してからかなり間が空いているのですが効果はありますか?
A 間が空いても効果はあります。産後すぐでなくても気兼ねなくお越し下さい。

Q 肩の痛みや腰痛も酷い場合は一緒に診てもらえますか?
A 骨盤の歪みと同時に施術しますので、産後骨盤矯正をお試しください。
施術時間をさらに長く受けたい方は、自費でのマッサージもご用意しています。

Q 赤ちゃんを連れて行ってもよいですか?
A 平日に限定にはなりますが、大歓迎です

Q 赤ちゃんが泣いたらどうすればよいですか?
A 施術ルームで授乳やおむつ替えなどできます。

Q 産後骨盤矯正は痛いですか?
A 矯正自体は痛みませんが、症状がある場合は患部が痛く感じることもあります。

Q ボキボキしますか?
A ボキボキ音を鳴らすような産後骨盤矯正はしません。

Q 帝王切開での出産後でも可能ですか?
A 可能です。帝王切開でも骨盤は開くので、矯正した方が楽になります。ただ、傷の痛みがなくなってからがベストです。

Q 健康保険は使えますか?
A 産後骨盤矯正は全て自費負担となりますので保険は使えません。

産後骨盤矯正の施術費用ついて

料金 2,500円

産後の腰痛に困っている方は、是非一度お越し下さい。

icon 電話番号072-438-0070 
●駐車場10台●

お車での来院もお待ちしております♪
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
※お電話の際はホームページを見たとお伝え下さい。


ページトップに戻る